1978年ノルウェーのベルゲンに生まれる。イラストレーターである父の影響もあり、
幼少期より絵を描きはじめ、ベルゲン国立芸術大学に入学しデザインを学ぶ。
木の枝や、木の根っこを収集する趣味から、それらを模写するようになる。
デビュー作である『KUBBE LAGER MUSEUM』(日本語題:キュッパのはくぶつかん)は、
母国ノルウェーだけでなく、フランス、スウェーデン、ドイツ、韓国でも高い評価を得ている。
ベルゲン在住。

オーシル・カンスタ・ヨンセンの初出版は、
2010年5月にノルウェーのGYLDENDAL社より刊行されました。